汚部屋からの脱出5

物が減ったので、とうとう、模様替えに入りました。

10年以上ぶりに、机やベッドを動かすと、出るわ出るわ…ホコリが

指の先大ならかわいいもので、一番大物だと、手のひら大…いや足…? ってゴホゴホゴホ!!!
もう何ていうか、「よくこれでアレルギーにならなかったな!」と自分で自分に言いたいレベル。すごかったのです。マジで、もう「ホコリ」なんてレベルじゃなく、「砂」とかになってた。掃除機が吸い込むの拒否しだしたから、掃除機自体分解して洗い、手でつかめるホコリはごみ袋に直接入れ、そしてまた掃除機かけて…って感じ。一応言っておくと、「汚部屋」といえど、掃除機は毎週のようにかけていたのです。しかし、「ベッドの下は掃除できないから、しょうがない」と思っていたのです。それが現状、このホコリという名の化け物にやられまくることになりました。ごめん! しょうがなくなかった!! と誰かに向けて謝りながら、黙々と、父の指示どおりに掃除&移動。
ベッドの下から、いつ頃買ったものかも覚えていない、セーラームーンの本とかも出てきて、何だかもう…本当にパンドラの箱を開けた瞬間って、こんな感じなんだろうなと思いました。机の下とベッド下、本棚諸々あわせて、2袋ぐらいのゴミ袋が埋まりました。

そして…、部屋が広くなりました。

間取り


テレビを、机の横にある本棚の中に入れ、テレビ台は廃棄。
ベッドを本棚に挟みこむようにしたことにより(ベッドと本棚の間にはギリギリ入れるぐらいの空間がある)、本棚のデッドスペースが解除! さらにベッド下の収納も使用可能に! もちろんクローゼットも二つとも開きます!!

うん。何でもっと早く、こうしなかったのかな。

そしてここから、「家がみるみる片付く本」の出番です。
「1Kの理想は寝室、リビング、ダイニングの3つを上手に使い分ける」と書いています。まぁダイニングはいらないので、とりあえず「寝室」と「リビング兼仕事部屋」を使い分けられればいいのね、と納得。

とりあえず、ベッドがソファーっぽく見えるように、ベッドカバーを買ってかけてみました。


…何かこのベッドカバー、中年の人の歯ぐきみたいな匂いする…。


前途多難です。

サイトウ チエtic  at 11:23  | コメント(28)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

汚部屋からの脱出4

そして一日休みがとれた日。
朝一番で、私は、ダンボールを大量に購入しました。
買わないと、スーパーにある量では間に合わなかったから!

そして、いらない本・服・書類・電化製品などを箱に詰め出しました。

本・雑誌:本棚の8割(ダンボール9箱)

服:クローゼットの3分の2(ダンボール4箱)

書類:9割(ダンボール5箱)

電化製品:一棚


もうもったいない、なんて言っていられない。とりあえず、片っ端から捨てに捨てまくりました。模様替えするためには、本棚とベッドを動かすためには、血涙を流すぐらいの覚悟が必要なのです。仕事でもしかしているかも…と思っていたものを、容赦なく捨てさりました。とにかく、片っ端から捨てに捨て、ダンボールを作っていく毎日。

これだけで一週間かかりました。
どんだけ物が多いんだよ!
っていうか、何で増やしたんだよこんなに!!
と思う私。
しかし、こんな風にしたのも、私です。
あぁ何だろうこのやるせない気持ち!!

ただ、片付けていると、ものすごいものを発見したりします。
今までデッドスペースでしか無かったベッド下の収納やクローゼットの中身を、この機に出して見たのです。

これは!

thee michelle gun elephantの缶バッヂ!!!!
 あーこれってツアーとかじゃなくて、RSRとかのやつと、幕張のやつだわー。っていうか、これってあれじゃね? CDの初回限定版についてきた缶バッヂ!!! わー! 宝物じゃーん!!

同じく、ミッシェルの失くしていたと思っていたツアーグッズ!!!
 キャー! キャー! すごいわこれすごいわ! っていうか、これ懐かしい!! 何このビニールバッグ、何で置いてたんだろう! うわー嬉しい!!

あぁこのDVDは! この写真集は! このフィギュアは! あの作家さんのレア物! わーすごい古い雑誌! 二万字インタビューのロキノン! っていうか買った覚えのないツアーパンフまで!!!
とにかく、出てくるわ出てくるわ、今までの私のファン心理が、学生時代そのまま、ものっすごいきれいな形で、いろんな所から見つかりました。
びっくりしました。
一番ひいたのは、「松山ライブで本編はける時に、チバさんが落としてくれたペットボトルのキャップ」というわけわからないものです。
サインがあるわけでもないのに、速効分かりました。そして思わず拝みました。
母さん…私、31歳になっても、やっぱり相変わらずだわ…!!


BOOK-OFFに電話し、本も服も全部処分して、ようやく一息。

かなり減らしたと思いふりかえった私の目には、

2011120720290000


棚一杯分、好きなミュージシャン関連のものが詰まっている、本棚の現状でした。(この棚×3)うん……まぁ、漫画とかは処分できても、これは…しょうがないよね…。

サイトウ チエtic  at 20:32  | コメント(22)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

汚部屋からの脱出3

長期出張と日帰り出張の嵐の中、私は家に帰って来た時に、こまめに物を整理することと、「理想の部屋のイメージづくり」に精を出しました。
結果的に理想の部屋イメージとして残ったのは、

1.クローゼットが2つとも開く
2.ベッド下の収納が開く
3.本は本棚からはみださない
4.バッグなどをしまう場所がある
5.何がどこにあるか分かる
6.仕事とプライベート両方いける

この6つでした。
現在仕事部屋にしている方は、とりあえず空けて、今のプライベート部屋に集約します。
しかしその時点で、ハタと手が止まりました。
あれ、どうやってやればいいの?
模様替えするのは、一人なんだよね? じゃあメジャー買って、まずはサイズはかってみようかな。ベッドどう動かしたらいいかな。誰か人手を頼むべきなのかな。世の人々は、模様替えなんてどんな風にしているんだろう。っていうか、どんな部屋にしよー。
ウキウキして、色々と頭の中で動かして見る私。
しかし、私の考える模様替えでは、何かしらテレビが変な位置になったり、机を部屋に入れるのを忘れていたりとしてしまいます。
頭の中は、その日から、模様替えのイメージ作りに一杯一杯。

悩みに悩んだ私は、とうとう家族との晩酌中に、「模様替えしようと思うんだけど、うまくいかないんだよね」と話をしました。

やおら立ち上がる父。ごはんどうするの? とオロオロしつつ、ついていく私と母。
父は自分の部屋からメジャーを取り、そして私の汚部屋に入り、こまごまとサイズをはかりだしました。
そして汚部屋の中で、高々と宣言しました。

「お前の部屋は、お父さんが模様替えする!!!」

えー。
父は、奮起していました。張り切っていました。もう止められないほどに。
考えてみたら、父は、うちの家族で唯一の綺麗好きで几帳面な性格でして。うちの掃除のほとんどを、父が担当しています。昔は、私の汚部屋も再三注意されていたのですが、学校や仕事の忙しさにかまけて放置していた私。そんな娘に、父ももはや諦めていたんだと思います。そんな私から出てきた、まさかの「模様替え」の言葉。
テンションがあがりにあがった父は、長々と私と母にダメ出しをはじめました。

「お前らは、だいたい何で本棚の前にテレビを置くんだ!
 この場所だと、本は取りにくいわ、机のすぐ横にテレビで、
 机の前に座って見るなら、見下ろすような形で見ないといけないわ、
 ベッドに横になって見られないわ、いいことないだろう!
 何よりも、コードから火事出す気か!! ホコリためおって!

 あとピアノがピアノの機能を果たしていない!!
 何でクローゼットやベッドの収納が使えないのに疑問を覚えない!
 (中略)
 お父さんは、ずっとイライラしていた!!

 しかし、お父さんは、お前が言う日を待っていた!
 31歳まで待つとは思わなかったが、
 とうとうこの日が来たんだ!!!

 12月になったら、お父さんがベッドと机と本棚を動かすから、
 それまでに物を片づけなさい!」

父の高らかな宣言を聞きながら、私と母はなぜか手をとりあっていました。
何か怖くて…。まぁでも、これで理想の部屋の1・2は何とかできそうです。家具の配置で頭を悩ませることはなくなりました。3や6も、物や本を整理して減らしたら何とかなるはず。

さぁ次は、4〜6の状況です。
とりあえず父に相談するには、クローゼットの中のことなどもあるため、躊躇します。
そこで、アドバイザーさんの言葉を思い出しました。

「理想の部屋作りのためには、本や雑誌などを参考に、
 その通りに実行してみて、さらに自分なりに改良していくと、
 片付けスキルが高まりますよ」

なるほど。
そこで本屋をさがしまわり、「理想の部屋」「理想の収納」というのをイメージできる本を、探してみました。
しかしほとんどが、「子育てのための部屋づくり」「子ども部屋の片づけ」という感じ。他は「新婚家庭の家づくり」とか。
そんなんやないねん。汚部屋から脱出したいだけやねん!
何で本探しでこんなダメージくらわなければいけないのか!
そんな私の血の叫びが届いたのか、近所の本屋さんでこれを見つけました。



この本に書いてある通りの収納を、そのまま実行しよう。
この本を購入する際、そう決めました。

サイトウ チエtic  at 12:30  | コメント(18)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

汚部屋からの脱出2

汚部屋を片づけて、まともな部屋にしよう。
そう思ったのですが、その時は仕事が忙しく、まともに家に帰れていなかったため、とりあえず情報を集めようと、片付けのための本を買って勉強することにしました。しかし今まで片づけるための本はたくさん買ったものの、モノにならず、人生も特にときめかなかった私です。そのため、まずは初級編の本を読み、実践することにしました。

ちなみに今まで参考にしていた本は、これでした。

片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
クチコミを見る


漫画なので読みやすく、片づけ方としては分かりやすいんですよね。
しかしこれだけでは片付かなかった…というか、片付いたんですが、1カ月もすれば元の黙阿弥。片付いた状況が続かなかった私。何が原因なんでしょうか。
ちなみに、この続編の「片づける技術」も購入し、収納も工夫してみたんですが、玉砕しています。
どう考えても、もう限界なわけです。
そこで私は考えました。
自分がダメなら、人に頼ろう! と!!

そんな時に、偶然「片付けアドバイザー」が行う講座があるという話を聞きました。1時間程度だということで、もうとりあえず仕事を整理し、時間を作って、参加させてもらいました。

参加者は、10名ぐらい。
最初に、「今自分の部屋を思い浮かべてください。…そこに人は呼べますか?」と聞かれました。
私以外、全員「はい」と答えていました。

場違い! 私、場違い!!

どうも、参加された方は、「家は片付いているけれど、もう少しスッキリしたい」という上級者達のようです。
しかし先生は優しく、私でも理解しやすいように、財布の中身を例にとって、取捨選択の仕方や整理の仕方を教えてくださいました。その後も、質問コーナーで私の「片付いた状況がキープできないんです」という質問にも、こころよく答えてくださいました。

というわけで、一生懸命メモを取って、アドバイスをいただきました。
そしてこれからすべきこととして提示されたことは、こんな感じでした。

1.部屋のいらないものを処分する
2.理想の部屋の条件を具体的にイメージする
3.それに合わせて整理・収納していく
4.日常生活の中で、使いやすいように、修正する
5.1〜4を何度も繰り返す

これによりレベルアップして、最終的に片付いた家になるそうです。
そうか! まずいきなり完成させるのは無理なんだ! そう考えるだけで、少し楽になりました。
そして、理想の部屋の条件を出張中に考える日々がはじまりました。

理想の部屋…そうか…。まず、クローゼットは両方開けるようにしたいなー。ベッドの収納も使いたい。そういえば、本棚とかクローゼットのデッドゾーンの中に、思い出ゾーンがあるからなー。あれ、そろそろ整理したいなー。
というか、テレビの裏側がもうひどすぎるからなー。あれも何とかしたい。

…ということは、模様替え?
あれ、模様替えするといいんじゃね??

理想の部屋…! 今の部屋、模様替えするなんて、考えてもいなかったわ!!

サイトウ チエtic  at 15:30  | コメント(19)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

汚部屋からの脱出1

私が中学生の頃に、実家が家を建て替え、その時からその家の一室が、私の部屋になりました。
ちなみに間取りは6畳半。こんな感じで家具が配置されていると思ってください。

無題


自分で言うのも何ですが、汚部屋の住人でした。

とにかく、机まわりがごちゃごちゃし、タコあし配線が絡みあい、どのコードが何の機械につながっているのか、定かではない状態に。さらに夏は扇風機・冬は暖房器具や加湿器が床に置かれるため、さらに配線はカオスな状態に。充電するコンセントを探すのに、毎回一苦労でした。
本棚はテレビがあるため使いにくく、机の上やピアノの上にまで浸食。
テレビの裏に落ちてしまった本は、もう取ることができず、そのままホコリが積もっています。
机の上にも物が溢れ、ベッドにまでバサバサと物が落ちる。その落ちたものを机の上に戻したり、ピアノの上に置いたりで、もうカオス。
ベッドの下はホコリの巣窟になったものの、ベッドマットを動かすと机の上の物が落ちるため、全てのけて掃除することもできない。
ベッドの棚部分が物置き状態で、その物が落ちてくるため、まっすぐ寝られない始末。

クローゼットは、ドアに近いもののみを使っていたのですが、服がおさまりきらずはみ出す始末。中もぐっちゃぐちゃ。

机の上に置いていたプリンターは、物が積み重なって使いたい時に使えないため、別室に移動し、印刷する時にはパソコンごと別室に移動しなければならない、という面倒くさい状況になりました。



もちろん汚部屋を何とかしようと、折を見て大掃除をし、部屋を片づける、ということをやっていました。
しかし忙しくなると書類や本が山積みとなる状況は変わらず、ずっと「掃除して物を捨てる→しばらくすると物が溢れだす→掃除して物を捨てる→しばらくすると物が溢れだす」、ということを繰り返していました。
「何で部屋を片付けて物を捨てても、すぐに元に戻るのか」と悩み続け、本もたくさん買いました。
その通りに「物をとりあえず捨てよう」「収納を工夫しよう」という教えにも挑戦しました。棚を買ってもみました。
しかし結果的には、さらに部屋がカオスな状態になるだけなのです。

そして3年前。
大掃除中に、「どうせこれだけ捨てても、また戻るんだろう」と思った私は、捨てることを諦めました。
ちょうど兄の部屋が空いていたので、仕事用の部屋として、そこを確保。
仕事の道具類や書類、スーツなどは、全てその部屋へ移動。
プライベートの化粧品や本は、全て自分のカオスな部屋に収納。
ごっちゃになっていた本棚も洋服も、とりあえずこれで物が全ておさまりました。
「物を定位置に!」という片づけ本の教えも守り、これで一安心と思いました。

そして2011年の今年。
汚部屋が二つできあがりました。
何ていうか、カオスの極み。

それでも、自分の目に見える範囲(各部屋のパソコン周辺と床)さえきれいにしておけば、気にならなかった私。
しかし、今年の10月11月は、仕事が本当にピークを迎えていまして。毎日毎日、朝早くに出発して夜遅くに帰り、翌日には県外へ長期出張…そして帰ってきたら、また日帰りで出張…なんてことになっていました。
そんな中、久しぶりに家に帰った際に、翌日使う仕事用の書類を探して、何時間も部屋の中をさまよい、やっと見つかった時には、翌日の出発時間を考えると、もう寝られない…となったある日。
捜索のため、さらに荒れた部屋の中で呆然としながら、私は思いました。
「何なのこの部屋…」と。

ピアノカバーはださいし、物が一杯すぎるし。
2011120513100000


机の上はもう書類で一杯だし、謎のビニール袋とかあるし。
2011120513100001


本棚は縦横積み重なって取りにくいし。
ファイルはなだれが起きやすいし。何のファイルか分からないし。
2011120513110000


自分がやった結果ではあるんですが、汚すぎる!!!

そして私は、部屋を片付けることにしました。

サイトウ チエtic  at 13:29  | コメント(19)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

めいっこ(もうすぐ3歳)が・・・

兄夫婦から、遅ればせながら誕生日のプレゼントとお手紙が届き、ウキウキしながら読みました。幼い甥っこと姪っこの現状を教えてくれる義姉さんには本当に感謝感激です。今回の手紙には、ハロウィンの甥っ子姪っ子の様子とともに、こんな文章が添えられていました。

『娘ちゃん(姪っ子)も、元気いっぱいです。
 最近では、どこで覚えてきたのか、なぜか、
 「エリックです。エリックです」と言いながら、
 お兄ちゃん(甥っ子)を追いかけています』

その手紙を読んだ父が、
鉄の爪と呼ばれた、ものすごい握力をもつ往年の名プロレスラー、フィリッツ・フォン・エリックを知っている姪っ子は、誰かプロレスラーの産まれかわりかもしれない…!」と真剣に言っているのですが、明らかに、うちの父がこの前姪っ子たちに会った時に、そう言って姪っ子を追いかけまわしたのが原因だと思います。マジでやめろ。保育園でやったらどうする。

サイトウ チエtic  at 22:10  | コメント(22)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

髪を切ってイメチェンをはかる

大島優子さんがかわいすぎて、「あーボブにしたいな」と思いました。
一昔前で言うと、オカッパ的な髪形です。

今まで胸ぐらいの長さにしていたため、切る長さは20センチぐらい。
これはイメチェンになるんじゃないの? モテるんじゃないの? とニヤニヤしながら、美容院に行ってきました。


理想
大島優子 AKB48 2012TOKYOデートカレンダー 大島優子 AKB-010 (お買上げの方にもれなく定価1575円の2011年大島優子の卓上カレンダーをプレゼント!)
大島優子 AKB48



現実
林真須美の謎―ヒ素カレー・高額保険金詐取事件を追って
林眞須美



うん。しょうがない。でも切ない。

サイトウ チエtic  at 22:15  | コメント(18)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

父と日曜大工

長い長い出張から戻ったら、玄関横に、ブロックが積まれていました。
何だこれ、と持ってみたら、片手はおろか、両手でも持ちあげられないぐらいの重さが、10数個。
そして、庭の奥から聞こえる、ザクッ、ザクッという土を掘る音。

父が、庭にテーブルを作ろうと奮闘していました。
材料は、このブロックと、誰かからもらってきた、1メートル四方の大理石の板。

「そんなテーブルつくってどうするの?!」と私が聞くと、

「うん。木を切ったり掘ったり加工したりするのにちょうどいいでしょ」

加工?! 何つくるつもり!?!?
しかし、まぁ庭は、父の趣味のようなものなので、もう好きにやったらいいなぁ、と思って、それ以上は質問せず家に入りました。
家の中にも、棚が増えています。
このけっこうな木の固まりが、材料なのでしょう。
あ、けっこうすごそうなノミとかまで買ったんだ。けっこう刃がするどいなぁ。
あれ、彫刻刀セット…? 何つくるつもりなの??

そして父の部屋をそっとのぞくと、ソファにこんな本が置いてありました。


「彫刻刀で楽しむ仏像」
彫刻刀で楽しむ仏像―弥勒菩薩・薬師如来
彫刻刀で楽しむ仏像―弥勒菩薩・薬師如来
クチコミを見る



やばい。父が。

サイトウ チエtic  at 00:18  | コメント(15)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

31歳をむかえて

出張先で31歳になりました。
「仕事が終わらないので、締切延ばしてください」と泣きついたら、上司から電話かかってきて、「今日、半休とっていいよ!」と言われました。
いやいや半休って、仕事スタート13時で、終了は22時予定。もともと午前中は半休なんですけど…って「半休とっていいよ!」と、一点の曇りもない澄んだ声でもう一度繰り返され、「ありがとうございます」と返事した私。

で、本日は早起きして、朝から資料づくりでパソコンの前に座っています。
本当に幸先いいはじまり方です。

サイトウ チエtic  at 11:09  | コメント(24)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ファック

ハードな仕事が続いているせいか、同僚がバタバタと倒れています。
私も限界を迎えるギリギリで仕事をしています。
そんな中、休日の本日、明後日提出の資料を作成していたら、どうしても足りない資料がありました。おかしい。全部資料はこの中にそろっている、と、上司に渡されたのに。どういうこと?
何度調べてもやっぱり抜けているので、上司に連絡してみました。

「その電話を待っていた。実はわざと抜いていたんだ。
 明日までに連絡がなかったら、限界だな、と思おうと思っていた」

マジ限界近い時にやめろ、そんなわけわかんないテスト。
もう仕事やる気なくして映画を見に行ったら、力つきて寝てしまい、内容の8割ぐらいが分からずじまい。しかも、館内の乾燥した空気にやられ、現在のど風邪をひいてしまったようです。もう限界。マジ限界。

サイトウ チエtic  at 17:24  | コメント(16)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!